« こんな週末?? | トップページ | 良い癖?悪い癖? »

2007年3月27日 (火)

テイクバック(ストローク)

「テイクバックを早く!!」

テニススクールで良く聞かれるコーチのアドバイスです。
今回はこの”テイクバック”についてです。

簡単に言えば、スイング前に事前・予備動作ですね。
さらにいえばスイングの始まりの動作です。
大抵は
「ラケットを引く」いう表現を用いられることが多いですが、この言葉の表現方法に落とし穴があると自分は考えます。

【ラケットを引く】=【腕の力でラケットを引く】
と解釈できます。

スイングの始まりの大切な動作なのにも関わらず、腕の力でラケットを引くことによって腕に緊張が生まれ力むことに繋がってしまいます。

「リラックスしたスイング」を理想とする中で、スイングの始まりでもあるテイクバックで既に力んだ動作をするということは理想と反する動作であり、少なからず【腕の力でラケットを引く】という表現は適切ではないと思われます。

「じゃぁ、どうやってテイクバックするの??」
という疑問が出てきます。
様々な表現方法があるので幾つかを紹介します。

①「テイクバックは腕ではなく身体で引くもの」
②「テイクバックは背筋(肩甲骨を意識・広背筋)で引く」
③「とにかく上体を横に横に向ける」
④「左手主導でテイクバック」
⑤「左肩を相手(ボール)へ向ける」

簡単に説明すると
は構えているときにはラケットが中央にあり身体ターンさせることによってラケットを自然に後ろで持って行く。
は出来るだけグリップを軽く握っている状態で右肩後ろの肩甲骨を後方に引っ張るイメージでテイクバックし始める。
難しいことは考えずにとにかく身体を横に向けて平均台に乗るように両手を軽く開く。
あくまで右手はグリップに添えている状態で左手でテイクバックを先行していく。
これもあまり難しいことを考えずにとにかく左肩を相手へ向ける。

*右利き・フォアハンド基準の例です。
あくまで数例挙げましたが、表現は星の数ほどあります。
現在の技術量によってもアドバイスは異なります。

少なからず自分にはこの表現が「ピンをくる」というものを探し出せればスイングが激変することは間違いないですし、自信に繋がります。
是非、固まった表現・イメージに惑わされずに積極的に様々な表現を試してみて下さいp^^q

川田コーチDiaryブログランキングのクリック応援お願いします。

|

« こんな週末?? | トップページ | 良い癖?悪い癖? »

テニスコラム」カテゴリの記事

コメント

さすが川田コーチ!!
すぐに有言実行しましたね(*´艸`)
meはこの頃バックのストロークがとことん悪くて…(;∩;)
ラケットのテイクバックを気をつけるコトで少しゎ改善に繋がりますかね..??
次のレッスンの時にテイクバックにも気をつけて試してみます!!

投稿: ぁかり | 2007年3月27日 (火) 16時16分

>ぁかりさん
ちゃんと書きましたよ^^
是非♪是非♪
いろいろ試してみてくださいp^^q

投稿: 川田 | 2007年3月29日 (木) 13時51分

川田コーチこんにちは♪
表現の仕方って人それぞれいろいろですよね。
>③「とにかく上体を横に横に向ける」
私はこれをよく使いますね。
川田コーチのブログは勉強になりますよ~
とりあえ①~⑤までいただいてきますね(笑)

投稿: nao | 2007年3月29日 (木) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121981/24701470

この記事へのトラックバック一覧です: テイクバック(ストローク):

« こんな週末?? | トップページ | 良い癖?悪い癖? »